サイト名

勃起を助けるバイアグラの効果が発現するタイミングと持続時間

バイアグラの効果でEDが改善される仕組み

バイアグラは、ED治療薬の代表的なアイテムです。ただ、バイアグラがEDを改善する仕組みについてはあまり知られているわけではありません。では、バイアグラがどうやってEDを改善していくのかというとまず摂取してから性的な興奮を得ると、脳内から信号を発してそれが脊髄を通りペニスの海綿体神経に伝えられるようになります。すると神経から一酸化窒素が放出され、cGMP(環状グアノシン一リン酸)と呼ばれる血管を拡張させる物質が出ることによって海綿体内の血流をアップさせることができます。その結果、男性器が勃起してペニスの硬度を取り戻し性行為を楽しめるというわけです。

一度勃起してしまえば、ある程度の間はその状態を維持してくれます。バイアグラは、性的興奮を抑える働きをもつPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)と呼ばれる酵素を阻害してくれる効果のある薬です。そのため、長時間性行為を楽しむことが出来て満足させやすくなります。 ですので、夜の生活に悩んでいる人にとってはうってつけの治療薬であることがいえるでしょう。ただし、バイアグラを服用してすぐに勃起をするというわけではありません。性的な興奮を得る必要があるということを覚えておくようにします。

バイアグラが効果が発現するタイミングと食事の関係

バイアグラの効き目が発現するには、タイミングが非常に重要です。このタイミングがずれてしまうと、効き目が十分に働かなくなってしまうことがいえるためです。効き始めるまでには、一定の時間を必要とします。効き目が発現するまでの時間は、服用後大体30分くらいです。ですので、性行為をもしも始めるのであれば大体1時間くらい手前に飲むようにすると効果的といえます。

それからバイアグラは食事の影響を強く受けてしまいますので、服用のタイミングは空腹時がベストです。食事を行ってから服用する場合は、少なくとも2時間ほど間隔を空けましょう。満腹のときに飲むと、薬の成分と胃の中の食べ物の成分がミックスすることで消化吸収がうまくいかなくなり、効果の発現が遅れる場合がありますので注意が必要です。

さらには、バイアグラの勃起への効き具合は体調や食事の種類によって異なるということも覚えておいたほうが良いです。極度の緊張状態である場合やアルコールで酔っぱらってしまったときなどにおいては、効き目の発現が十分でなくなる時もあります。ただ、だからと言って過剰投与することは健康上のリスクの観点から絶対に止めましょう。

バイアグラは効果の持続時間は成分血中濃度の推移

バイアグラの効果の持続時間は、成分血中濃度の推移によって変わってきます。この薬の服用直後を0時間としておくと、有効成分であるシルデナフィルの血液中の濃度が最高となる最高血中濃度は30分から90分程度となっています。そして、効果の半減期に関しては約2時間30分から4時間10分までが目安となります。

バイアグラは、比較的効き目の半減期が早めに現れる薬です。ただ、それでも完全に消失するまでは充分といえる時間があるため性行為を楽しむ人にとってはおすすめといえます。摂取した薬剤の有効成分が体全体に吸収する割合を、生物学的利用率と呼びます。この割合が他のED治療薬と比較して最も優れているのがバイアグラです。

この薬は水にやや溶けやすいという性質を持っています。もしも、水に浸した場合においては1分半程度で外側のコーティングが剥がれはじめ、遅くても3分後には中の成分に水が浸透し成分が完全に溶け出します。ただ、それでも体内吸収率は錠剤のときと比べてほとんど変わりありません。また、血中濃度の推移に関しても錠剤と同様となっていますので、水に溶かしたほうが早く効くのではないかという考えに関しては間違っていることがいえます。

バイアグラの臨床試験では成分量が多い錠剤ほど高い効果が認められている

バイアグラの臨床試験においては、成分量が多い錠剤ほど高いED改善率が認められていることが分かっています。日本以外の国も含めると25mg・50mg・100mgの3種類が販売されています。国際的に最も高い効き目が高いとされているのは、最も成分量が多いバイアグラ100mgです。ただし、100mgのバイアグラは日本国内では承認されているわけではないことを留意します。日本で認可されている錠剤は25mgと50mgの2種類だけです。

それ以上のものをお探しの場合は、個人輸入代行業者に頼るのが一般的です。ただ、医師の処方と違い個人輸入にはリスクも伴います。偽物も多く流通しているため、初心者はあまり利用しないほうが無難です。慣れてきた段階で、信頼できる業者から入手するようにしましょう。

バイアグラに関しては他にも注意点があります。それは成分量が多い錠剤には、ほてりや鼻づまりといった副作用による軽度なリスクも伴うということです。軽度な副作用は比較的に発現しやすいため、体調次第では25mgを使用したほうが考慮する必要があります。50mgに比べて25㎎の効き目はそこまで強くは期待できませんが、その分だけ安全性は高くなります。

バイアグラは効果的に活用するには、その日の体調を考慮したうえで用量を選択することがポイントとなります。もしも服用した後に異常に気付いたら、医師による診察を受けるようにしましょう。

ページの先頭へ