サイト名

飲み続けると心臓に悪い?バイアグラを毎日服用しても大丈夫?

バイアグラの飲み方や注意事項さえ守れば毎日服用してもOK

男性が、性行為を行うとき年齢とともに下半身の状態がおとってくることが考えられます。このような場合には、薬に頼る方も一つの方法といえるかもしれません。例えば、下半身が不全の場合にはバイアグラを服用する方法があります。

バイアグラを服用できるのは、彼らが正常な人に限られますので、ほかの薬などを服用している場合には注意しなければならないところです。性行為のために、命の危険にさらされるようなことはありませんが何らかの副作用が出る可能性がありますので用法をしっかり守らなければなりません。実際に、副作用で命にかかわるようなことがあった人はほとんどいませんが、正しいの見方をすることにより特に問題なく飲み続けることができます。

毎日飲む場合はどのようにしたらよいかといえば、特に普通に飲んでも問題ないでしょう。もともとこの商品は日本政府の方で個人売買を認めようとしていないため危険な商品のように感じている人も少なくありません。そのため、悪いうわさが独り歩きしている部分もあります。

ですが実際には、用量を守って飲めば特に問題なく飲み続けることができる点を忘れてはいけません。逆に、たくさんの量をのんだとしても持続力が変わるわけではなく副作用が出る可能性があるだけです。

もともとバイアグラは狭心症を治療するために開発された薬

バイアグラは日本に上陸したのは1990年代ごろになりますが、もともとこの薬は性行為を行うためのものではありませんでした。ではどのような目的でつくられたかといえば、心臓に関する病気の薬として開発されたものです。それを現在、性行為をするための薬として認識している人が多いですがそれは間違いになります。

どのような流れになっているかといえば、開発経緯としては狭心症の薬として開発されたわけです。もともと、狭心症の人は血の流れが悪くじゅうぶんな酸素が送られません。つまり、血管が細く生命活動を維持するのにも非常に大変なものになります。そこで、そのような病気の人に重要になるのは血管を太くして血液の流れを良くすることです。結果を太くして血液の流れを良くする薬ができれば、状態も良くなるに違いないと考えたわけです。

そこでできたのが、バイアグラになります。ではそれがなぜEDに転用されたかと言えば、そもそもEDの人は血液の流れが悪く勃起しないからです。裏を返せば、血液の流れさえよくすれば特に問題なく勃起することができ性行為に支障をきたさないでしょう。当時から、EDで悩んでいる人が多く、この商品が日本に上陸したときは怪しい商品ともいわれましたが実際はそのようなことはありません。

血管を拡張する効果がある薬とバイアグラの飲み合わせは心臓に悪い

バイアグラはどのような効果があるかといえば、血管拡張の効果があります。血管を拡張することにより血液の流れが良くなるからです。実際結果に関する病気を持っている人は血管が細くなり全身に血液が廻らなくなり結果的に栄養素が運ばれなくなるでしょう。もともと血管の役割は、ただ血液が流れているのではなく血液が栄養分を運んでいます。

例えば、炭水化物を食べた場合には糖質が出ますが糖質は血管の中に入りインスリンがこれらを運んでいくことになります。インスリンが血管の中を流れて糖質を体内に運ぶことで体の細胞に栄養を与える仕組みです。ですが、もし血液の流れが悪くなればインスリンが出たとしても大した量の栄養を運ぶことができなくなってしまうため、突然倒れたりすることもあるでしょう。

このようなときに開発されたのがバイアグラになりますが、バイアグラ以外でも血管を広げて心臓の負担をなくす薬も存在しています。その一つが、降圧剤と呼ばれるものです。この薬は、同じような役割を果たし血管を広げますので療法の薬を同時に併用するのはよくありません。拡張し過ぎてしまい、逆にそれが何らかの悪い影響を及ぼしかねないからです。このように、副作用の例もありますので気をつけなければならないところです。

心臓・肝臓・腎臓・血圧の持病がある方はバイアグラを使用する前に必ず医師に相談

バイアグラは、どのような時に手に入れることができるかといえば性病に関する病院などで手に入れることができます。つまり、処方せんとして医者からもらうのが特徴になるでしょう。客には、それ以外で手に入れる方法は基本的にありません。例えば、ある程度大きなドラッグストアに行けば大抵の薬は売っていますがバイアグラが販売されているわけではないことに注意するべきです。

なぜ販売されていないかといえば、厚生省の認可が下りていないからです。これは危険性よりも、もっと別の問題があるとされていますが明確になっていないところになります。そのようなバイアグラを服用すると、副作用が起こるかといえばそのようなことはありませんがほかの薬と併用することで副作用か考えられます。

例えば、心臓病や肝障害などを抱えている場合にはそれが悪化してしまう恐れがあるでしょう。やはり、薬で無理して血管を広げるため大きな負担になってしまうわけです。結果は人間の体中の生命線になりますので、これが傷ついてしまえば人間の生命そのものが終わりを意味してしまいかねません。それ以外にも、腎障害や高血圧そして低血圧の場合にも負担がかかりますのでどうしても口にしたい場合には医者に相談することが大事です。

ページの先頭へ