サイト名

バイアグラと同じ薬効が期待できるジェネリックについて

バイアグラの国産(日本製)ジェネリック

バイアグラが広く一般に認知されるようになり、勃起不全治療薬として利用される機会が多くなりました。価格は割と高いので、気軽に利用することができるように最近では国内の製薬会社がバイアグラのジェネリック品として、厚労省から承認を得たシルデナフィルを有効成分として含んでいる国産の後発品を販売し始めました。バイアグラを始めとして、バイアグラジェネリックが入手できる正規のルートは、日本国内だと病院やクリニックの処方のみです。これが唯一の正規ルートですから、他の入手方法はいずれも非正規ルートということになります。医師の処方や指示以外で入手するものは、例外なく非正規のルートと考えることができます。

バイアグラの有効成分はシルデナフィルと呼ばれる物質ですが、この成分は既に特許が切れており、どんな製薬メーカーでもこシルデナフィルを含む薬を製造販売することが可能です。バイアグラの特許期間が切れたあとは、国内の製薬会社各社でバイアグラのジェネリック品が出回り始め、水なしで飲めるOD錠などが販売されるようになりました。ジェネリック品の価格は従来のバイアグラと比べて購入しやすい価格で販売されており、気軽に利用することができます。

現在国内の製薬メーカーでは、いざという時に気軽に飲むことができるOD錠を含めて数種類のバイアグラのジェネリック品が流通しており、味も飲みやすいようにレモン風味やコーヒー風味のものなどがあります。東和薬品株式会社が扱っているシルデナフィルなどもジェネリック品としては普及しており、水なしでも飲むことができます。

キッセイ薬品工業や陽進堂なども販売しており、形状に工夫がされており、体格に応じて分割して飲むことができる割線が入っているものなどもあります。日本製の国内正規品は高清労働省から製造販売承認を得ているので、安心して服用することができます。

ジェネリックだと50mgでも1000円未満ですから、価格重視でも十分にお得に選べることが分かります。もちろん、保険が効かない以上、バイアグラやジェネリックの価格は病院やクリニックによって変わってきますし、その時の相場の影響でも変化するものです。常に安定しているわけではありませんが、大まかな金額の傾向は定まっているので、大体このあたりの金額で処方してもらえます。

保険適応外の処方なので、継続的に治療していくとなると、1錠あたりの金額が次第に影響してきます。頻繁に摂取するものではないにしても、人によっては長く忍耐強い治療が求められますから、安く済むならそちらの方が理想的です。

ジェネリックは成分や純度が心配、そういった声も少なからずありますが、日本で作られている商品なら比較的信頼できます。成分の内容や期待できる効果はオリジナルと同等ですから、心理的な抵抗感さえ解決できれば、自信を持って治療に取り組むことができるでしょう。

水なしで服用できるODフィルムについて

ED治療薬として世界的に有名なバイアグラには、錠剤タイプだけでなくodフィルムタイプも製造されています。このタイプは文字通り、フィルム状になっているのが特徴です。錠剤のバイアグラの違いは服用の仕方です。錠剤は水で服用する必要がありますが、odフィルムの場合は水無しで服用できるのが魅力となっています。

口の中に入れて唾液で溶かして服用します。使い方も簡単で薄い形状から、携帯しやすいというメリットからodフィルムを選ぶ人も少なくありません。とても薄いので財布や手帳、名刺入れなどにこっそりと収納して携帯することが可能です。 ただ、錠剤タイプとは形状が大きく異なるため、効果に違いがあるのではと気になる人もいるでしょう。錠剤タイプ・フィルムタイプ共に、配合されている主成分はシルデナフィルです。配合量も25mgと50mgで違いはありません。空腹時の服用がベストという点や、服用してから効果を実感できるまでの時間も同じです。錠剤やフィルムかという違いしか無いので、しっかりとした効果を得られます。作用が同じということは当然、起こりうる副作用も錠剤タイプとodフィルムは同じです。

いざというときのために携帯性の良い、odフィルムのバイアグラを持ち歩いてみてはいかがでしょう。

インドで製造されているバイアグラのジェネリック

バイアグラジェネリックは日本国内だけでなく世界中で製造されており、特にインド製のものが世界的に広く用いられています。インド製のバイアグラジェネリックは日本国内では未承認薬にあたりますが、インド国内では正規のED治療薬として流通しているものです。

インド製のバイアグラジェネリックの種類は数多くありますが、カマグラゴールド、スハグラ、ゼネグラといった製品が代表的なものとして挙げられます。シルデナフィルは特許が切れているために別の製薬メーカーが同じ成分を含む薬を製造販売することは自由ですが、バイアグラというのは商品名であるために、他のメーカーが勝手にその名前をつけて販売することはできないからです。そのため、インド製のバイアグラジェネリックの名前は、「グラ」という用語を使いつつも、別の名称にしていることが分かるでしょう。 いずれのジェネリック製品も有効成分は同じものですから、日本製のジェネリックと同様にバイアグラと同等の薬効が期待できます。ただし、インド製に限らず海外製のものは、日本では承認されていない用量であるシルデナフィルを100mg配合した製品が多いため服用量には注意しましょう。

バイアグラのジェネリックの入手方法

バイアグラジェネリックの入手方法は、製品ごとの製造国によってことなります。日本で製造されているバイアグラジェネリックは、病院や専門のクリニックに行ってEDの診察をしてもらい、その診断結果に応じた適量を処方してもらうことができます。インド製など日本以外で製造されているバイアグラジェネリックを入手する代表的な方法は、海外医薬品の個人輸入代行サイトです。

バイアグラの個人輸入代行サイトでは、インドの製薬メーカーが製造しているカマグラゴールドなどのジェネリックも取り扱われています。カマグラゴールドは数あるバイアグラジェネリックの中でも特に知名度が高い製品で、コストパフォーマンスに優れています。インド国内では正規のED治療薬として流通しており、既に数多くの愛用者から効果が認めている実績があります。

最善の入手方法は、病院やクリニックに行って適切な診察を受けた後の日本製のジェネリックを処方してもらうことですが、中には病院やクリニックに行くのが恥ずかしいという人もいます。日本製のバイアグラジェネリックは、病院やクリニックに行かなければ入手できません。そういった方々に利用されているのが、インターネットを活用したインド製バイアグラジェネリックの個人輸入です。海外医薬品の個人輸入代行サイトを活用することで、誰にも知られることなくバイアグラジェネリックを入手できます。どうしても病院やクリニックに行きたくない男性にとっては有効な方法と言えるでしょう。

バイアグラは元々アメリカで発売が開始された薬であり、日本を含む世界130ヵ国以上で販売されています。そのため海外医薬品の個人輸入代行サイトでは、先発医薬品であるバイアグラの個人輸入に必要な手続きの代行も請け負っています。

ページの先頭へ