サイト名

バイアグラが効かない主な原因として考えられる3つのケース

バイアグラは使い方を間違うと効かない

バイアグラが聞かないという人はそもそも使い方が間違っているケースが多いので、正しく服用できているか振り返って見る必要があります。バイアグラは飲むタイミングが重要な薬であり、空腹時でなければ効きにくくなってしまいます。お腹に食べ物があると成分の吸収が阻害されてしまって、効かなくなってしまうのです。特に油っこい食べ物との相性が悪く、胃や腸に油膜が張った状態になっていると有効成分がこの油膜によってブロックをされてしまうことになるので、バイアグラを飲む時には油っこい食べ物は避けなければなりません。

お酒の飲み過ぎにも注意しなければならず、バイアグラに限らず多くの薬がそうであるようにアルコールは薬効を阻害してしまうことがあるので注意する必要があります。ただし、バイアグラの場合には少量であればリラックスをすることができ、効果が高まることもあるので少量にとどめておくことができるのであれば飲んでも問題はありません。少量であれば飲んでも問題は無いものの、飲みすぎてしまった場合は、バイアグラの薬効が発揮されるキッカケとなる性的刺激が陰茎に伝わりづらくなります。バイアグラの使用に慣れないうちは、服用前後の飲酒は避けておいた方が無難だと言えるでしょう。

暴飲暴食後にバイアグラを服用すると、効かないだけならばまだしも、頭痛などの副作用が発現しやすくなり、体に大きな負担をかける可能性が極めて高くなることを覚えておきましょう。

勃起の仕組みとバイアグラの働きについて

バイアグラが効かないという人は、なぜ効かないかという前に勃起の仕組みを知っておくと原因がはっきりさせやすくなるかも知れません。それではどのようにして男性に陰茎は大きくなるのかというと、男性は性的刺激を受けると脳の中枢神経が興奮をすることになります。中枢神経が興奮をすると今度はその情報が神経を通じて陰茎に伝わります。

その情報が伝わると体内では一酸化窒素が放出されることになり、これで勃起の準備が整うことになります。一酸化窒素の働きは普段血液の流れを制御している動脈を緩める働きがあり、動脈が緩むとそこに大量の血液が送られます。血流促進をサポートするバイアグラの薬効は、性的刺激を受けた後に明確に発現します。

細い血管に大量に血液が流れ込むことによって、血管拡張することになりパンパンに膨れ上がることになるのです。このように勃起というのは血流によって変化をさせているものであり、性的刺激を受けることによって血液が送られ固くなるという仕組みになっています。

EDの原因というのは様々なものがありますが、多いものとして動脈の広がりが不十分となり十分な血液が流れ込まずに大きくならないというものがあるのです。仕組みを理解しておけば、EDの原因を理解することができあわせてバイアグラが効かない理由も見えてきます。

動脈硬化が進み過ぎているとバイアグラは効かない

勃起は細い血管に血液が流れ込んで、血管が拡張することによって起こるものであり、EDの原因の一つが十分な血液が行き渡らないためというものがあります。バイアグラは血管拡張効果によって血液を行き渡らせるようにして勃起を促すというものですから、加齢や老化によって動脈硬化が進みすぎてしまうと効かなくなってしまうのです。

血管を拡張させようとおもっても動脈硬化になっていれば、それを広げることはできません。血液の通り道を広げることができないと、血液を流し込むことができませんからバイアグラを飲んでも効かないということになります。動脈硬化の影響でEDになっている場合には、バイアグラでは治療をすることができませんから、固くなってしまった動脈をどうにかするところから始めなければなりません。

しかし、加齢や老化の影響の場合には治そうと思って簡単に治すことができるものではないため、このような原因の場合にはEDを解消するのは難しいと考える必要があります。バイアグラというのは、全ての勃起不全に効果があるわけではなく、あくまでも血の巡りが悪くなって勃起をしないという症状にのみ効果があることを理解しておかなければなりません。

陰茎に性的刺激を伝える神経が損傷または断裂していると効かない

バイアグラは血管に問題があると作用しませんが、それだけでなく性的刺激が陰茎に伝わらないとこれもまた効かなくなってしまいます。性的刺激を受けることで神経がその情報を陰茎に伝達して血液を送り込むわけですが、その神経が断裂していたり損傷をしていると血液を送り込むという命令が伝わらないので、やはり勃起をすることができなくなってしまうのです。

血管が拡張をしたところで血液が送り込まれなければ、何の意味もありませんから情報の通り道が損傷を受けている場合でもバイアグラは効かないということを覚えておく必要があります。つまり、EDの原因が予め神経の断裂や損傷によるものだとわかっている場合には、バイアグラを飲んでも無駄ということになりますから、服用の前には正しい知識を身に付けておくことが大切です。

このようなことは病院で処方をして貰う場合には検査によってわかることもあるものですが、個人輸入などで医療機関を通さずに手に入れた場合、原因がわからないままに効かないと思ってしまうことがあるだけに要注意です。バイアグラはED治療に大きな効果をもたらせてくれる薬ではありますが、万能薬ではないので原因によっては効かないこともあるのです。

ページの先頭へ